チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleを使ったサイト内検索

会社のウェブサイトなどで「検索窓」が設置されているのを、

ときおり見かけませんか。

(例:ニコンエステー明治製菓



それぞれのページ上部をご覧下さい。

ページ上部に「検索窓」があり、

「サイト内検索」ができるようになっていますね。



確かに、サイト内のページ数が増えると、

訪問者は自分の欲しい情報を探すのが大変になりますので、

検索窓の設置は訪問者へのサービスとしてとても有効です。



逆に、大手企業のサイトでこの「サイト内検索」機能が無いと、

「なんだよぉ~」と不満を漏らしたくなるくらいです。



中小企業のウェブサイト(ホームページ)でも、

ページ数が増えてきたら

「サイト内検索」の機能が欲しくなりますね。



しかし、この「サイト内検索」機能の設置は、

一般の方にとって、さほど容易ではありません。

ホームページ制作業者などに「サイト内検索の機能」追加の

見積りを依頼すると、

びっくりするような価格が提示されるかもしれません。



ところが、

もっと簡単に「サイト内検索」をできる方法があります。

GoogleやYahooが提供しているサービスを使うのです。



↓このページでは「basaranet.com」内のサイト内検索ができます



Googleの機能を使った「サイト内検索」

Yahooの機能を使った「サイト内検索」



検索結果に広告が表示されたり、Googleのロゴが表示されたりと、

どうしても無料サービスならではの不満もあるかもしれませんが、

「サイト内検索」という機能が自分のサイトに

つけられるんですから、

じゅうぶん過ぎるくらいですよね。



これら有名検索サイトを使った「サイト内検索」は、

けっこう大きな会社のウェブサイトでも活用されています。



Yahooのサイト内検索の使用例(ファーストサーバ株式会社)

(ページ上部の「サイト内検索」をご覧下さい)



これらを使えば、

自社のウェブサイトに「サイト内検索機能」が

つけられるだけではなく、

ブログに「ブログ内検索」機能を追加することができます。

(ブログ独自の検索機能がついている場合はそちらを利用した方がラクです)



簡単に「サイト内検索機能」や「ブログ内検索機能」が

つけられるとは言え、もちろん

「ホームページ制作者にとって、簡単」ということであり、

これらを設置する為には、多少なりとも

ホームページ制作に関する知識が必要です。



しかし、同じ「サイト内検索機能」をつけるにしても、

このような簡単な方法がある、ということを

知っておくだけでも、

「知らないがために多くのお金をかける」

必要がなくなります。



ホームページの制作発注者として

中小企業の方々が知っておくべき「インターネットの知識」

って、こうゆうことなんじゃないのかな、

と思います。



スポンサーサイト

ファビコン

懐かしの「ファミコン」ではなく「ファビコン」です。

"favicon"と綴ります。

多分、Favorite icon 「お気に入りのアイコン」という

意味でしょう・・("favicon":Wikipedia



今お読みのこのブログ、どこかこれまでと変化したところが

あるんですが、おわかりになりますか・・?



ちょっと上の方を見てください。

この部分に、オリジナルのアイコンが表示されるようにしました。





ブラウザの窓に表示されるだけでなく、

「お気に入り」や「ブックマーク」に登録すると、

アイコンも表示されるようになります。





会社のロゴマークを使うことが多いようですね。



「お気に入り」の中から目的のサイトを見つけやすくなったり、

数ある「お気に入り」の中から目立たせたりすることができます。



ブログだけではなく、

会社のホームページなどで活用したいですね。



16x16ピクセルの画像で作成するのですが、

この16x16という制限がネックです。

デザイン性はかなり制約されます。

会社のロゴの最初の一文字を使ったり、簡略化するなどして、

16x16の中に納める必要があります。

上の画像にある、amazonのアイコンなどが

参考になるかもしれませんね。



作り方はカンタン。

グラフィックソフトで16x16ピクセルの画像を作り、

フリーソフトの「@icon変換」変換などを使って「アイコンファイル(favicon.ico)」を作成します。



このアイコンファイルをサーバにアップロード後、

ページのHTMLの<head>~</head>の間に、以下の記述を追加します。



<link rel="shortcut icon" href="「favicon.ico」のURL" />

(”<””>”は半角にすること)




これだけです。

会社のページなどであれば特に問題は無いのですが、

ブログの場合、多少困難になります。

一般的に、ブログでアップロード可能な画像形式は

gif,jpg,pngであり、ico形式のファイルは

アップロードできないことが多いのです。



そこで、他のページやサイトをお持ちの場合は

そちらのサーバにアップロードする、という方法を採ります。



ブログ以外にサーバの無い方は、諦めていただくほかありません・・・

ただ、今は無料サーバスペースなどもありますので、

活用するのもひとつの手ですね。



参考リンク

無料ホームページ(FC2)





RSSリーダ

いろんな人のブログを見る機会が増えてきた。

そこで、またRSSリーダを使うことにした。



RSSリーダって、ご存知ですか?

最近はフィードリーダと呼ばれることが多いかもしれません。

知り合いのブログがたくさんあると、

更新されたかどうかをいちいちチェックするのは

面倒ですよね?



RSSリーダを使うと、知り合いのブログを登録しておけば、

最新の記事があるかどうかを、すぐにチェックできるんです。



RSSリーダ



全てのブログを見て周らなくても済むので、

とても便利ですよ。

ブログに限らず、ニュースサイトなど「フィード」している

サイトであれば、最新情報をチェックできるようになります。



自分のお気に入りサイトや知り合いのブログの更新状態が、

イッパツでわかるんですよ。

便利じゃないですか?



気になるサイトやブログを見つけたら、

ページのはしっこに「RSS1.0」だとか「RSS2.0」、

もしくは「ATOM」だとか「RDF」などと書かれた

アイコンや表示が無いかどうか、見てみましょう。

そういったアイコンや表示があれば、そのサイトは

「フィード」している、ということであり、

RSSリーダで最新情報をチェックすることができます。

(このブログにも右下に”RSS”の表記がありますね)



そのような表記がどこにも無ければ、そのサイトは

残念ながらRSSリーダで最新情報をチェックすることは

できません。



自分の周囲を見渡してみても、

RSSリーダを活用している方は少ないようです。

たくさんのニュースサイトやブログをチェックしている方は、

さほど多くないからでしょうね。



RSSリーダも、多くのサービスが存在していまして、

使い勝手などはそれぞれ異なります。

ご自身がIDを持っているサービスのRSSリーダを使えば、

IDが増えずに済みます。



主なRSSリーダサービス

MyYahoo

すでにYahooのIDを持っている場合はこちら。

若干見にくいかも。

gooRSSリーダ

早くからRSSリーダを手がけているだけあって、

機能が豊富。ただ、要らない機能も豊富^^;

Googleツールバー

ブラウザの中にRSSリーダを埋め込むことができます

liverdoorリーダ

RSSリーダ・・もっと簡単な方法

さきほど紹介しましたRSSですが、

Yahooなどのウェブ上のサービスを利用しなくても、

もっと簡単に管理できる方法がありましたので、

急いでご紹介です。



それは、ブラウザの機能を使う方法です。



FireFoxの場合は、

お気に入りのブログを表示しておいて、

「ブックマーク > このページを購読」

を選択するだけです。

ブックマークの中に、登録された各ブログの

最新記事が表示されます。







InternetExplorerでは、

お気に入りのブログを表示しておいて

ツールバーの「RSSフィード」ボタンをクリック

(オレンジ色のアンテナのようなアイコン)

このボタンがグレーになっている場合、そのサイトは

フィードしていないので、RSSを管理することはできません。







その後

「ツール > このフィードを購読」

で、そのサイトのRSSを登録します。

そして

「表示 > エクスローラーバー > フィード」

としますと、







ほら、このとおり。

FireFoxのほうが簡単ですね。



でも、IEで管理するにしても、YahooやgooのRSSリーダを

使うよりは簡単そうです。



後からより便利な情報を提供することになってしまって、

すでに先の記事を実践された方には申し訳ないです(u_u;



ぜひお試しアレ~

Google Chrome

出るや否や、話題沸騰のGoogleChrome。

Googleが開発したブラウザだ。

ダウンロードはこちらから

さっそく使ってみた。







うーん、速い。

立ち上がりも早く、

サクサク動く。

IEは言うに及ばず、FireFoxよりも速く感じる。



ブックマークなど、最低限の機能はついている。

余分な機能はついていない。

めちゃシンプル。

それが、うれしい。



アドレスバーに適当な文字を叩き入れると、

Googleが勝手に検索してくれる。

Googleが作ったブラウザだから、当然だ。

「Googleバー」なんてものを、わざわざアドオンする必要が無いわけだ。



ひょっとすると、

あっという間にデファクトスタンダードになるかもしれない。

マイクロソフトはキライだが、仕方なく使っている、という人も多いはず。



何を使うかは個人の自由だが、

「選択肢が無く、特定のものを使わざるを得ない」

という状況はよくない。

FireFoxもOperaも、一定の貢献はしてきたと思うが、

ここで一気に形勢が変わる可能性も出てきて、

ちょっと面白くなってきた。



ただ、くれぐれも独自拡張や独自仕様などで

Web関係者を泣かせることの無いよう、お願いしたいものだ。





 | HOME |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。