チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青色申告ソフト

平成18年確定申告、つまり今回の確定申告から、

青色申告することにした。



平成17年に売り上げが上がったため、白色だとちょっと損している感じがしたので、青色にしてみたんだけど、

フタを開けてみると、去年は売り上げガタ落ち・・(T_T)

でも、青で申告する申請をしてしまったいじょう、やるしかないのだ。



青色申告ソフトを買ってはみたものの、

「ソフトさえあればカンタン♪」

ってものでもないのね~

泣けてくるわ~



まず、用語がワカラン。



どうしよう、かなり心理的に追い込まれてきました・・

らくだ

スポンサーサイト

迫ってきました

祭りの日が迫ってくるだけで、

なんだかソワソワ、ワクワクします。



祭りって、もちろん「国府宮はだか祭」のこと。

今年は頭痛がひどいので、出られるかどうか

微妙なところだけど、できるだけ出たいなぁ。



天気がよくなりますように。

頭痛が起きませんように。



お祭の神様、お願い!

ZenCart

マイフレAKI氏と話してて、

"ZenCart"の話になった。



ZenCartとは、フリーのショッピングカートシステム。

http://zen-cart.jp/

かなり高機能というウワサ。



「たぶんSmarty(*)使ってるんだよね~」

「きっとカスタマイズしにくいよね~」

という話をAKI氏としていたので、

帰ってからさっそくダウンロード/インストール。



おや・・?どうやらSmartyを使っていない。

でも・・でも・・やっぱりカスタマイズはかなり大変なようだ。



このZenCartのデザインを変更しようと思ったら、

テンプレートを買うか、苦労して自分でカスタマイズする必要がある。

でもって、テンプレートが結構いい値段で売られているのだ。

(例)

http://www.templatemonster.jp/gallery.php?type=16



へぇ~。テンプレート作って売ってみるかな。

きっと値段相応の苦労をするだろうし、

ひとつやふたつ作ったくらいでは売れないだろうが・・



バブルスーツ

管理人のクローゼットを開けると、バブル時代に買ったスーツが未だにぶらさがっています。



サスガに紫色のスーツは無いけど、

肩幅が広く、胴回りもゆったり、パンツもゆったり。

ラペル(スーツの襟部分)が低く、幅が広い。

Vゾーンも徹底的に低い。

イマドキ、こんなの誰が着るんじゃ!



棄てようと思ってるんだけど、持ち前のナマカワパワーで、

なかなか棄てれない。



だって、当時はスーツ7~8万円が当たり前だったんだよ~

今は少し高くなって4~5万円が通常価格帯のようだけど、

バブル崩壊後から最近までは1万円台でもフツーだったもんねぇ。



チカゴロの紳士服店のチラシを見ると、

ちょっとトレンドが変わりつつあるみたい。



ラペル(スーツの襟)が狭くなり、またバブル時代のように

Vゾーンが下がってきた。

といっても、やっぱりバブル時代とは違う。

全体的にスリム。



ここ数年、スーツのトレンドは変わってなかったのに、

ココに来て変化が見られるって事は、

やっぱり景気が上向いているのかな。



そんなことより、バブル時代のスーツ棄てなきゃ・・

メール+メッセージの混乱

・通常のPCメールアドレスが6つくらい。

・ウェブメールが3つ。

・SNSのメッセージが5つくらい。

・ケータイのメール。



管理人の場合、ネットで人とメッセージをやりとりする手段がこれだけある。



これだけ多くなると、

「あの人にメッセージを送ったのはどれだっけ?」

「彼からメッセージをもらったのはメールだっけ?SNSのメッセージだっけ?」

と混乱する元になる。



今回も、メッセージを出したつもりでいたのに忘れていて、人にご迷惑をおかけしてしまった。

お詫び申し上げます。



「仕事関連のメッセージはPCメールのみ」と、決めて行うようにしよう。

セレンディピティ

茂木健一郎氏の本を読んでいて

「セレンディピティ」

という言葉を知った。



何かを探していて、別の何かに出会ってしまう能力



のことを言うのだそうだ。

何かに出会ったこと、出会うことではなく、その能力。

偶然に見えることも、実は偶然ではない。

準備をしているものに訪れる偶然というか、ヒラメキ。



ひるがえって、自分は準備をしているのかな?と考えてみる。



うーん、どうなんだろう。

自分のセレンディピティがどの程度なのか、計測できる機器でも開発してくれないかな。

時間があるのに・・

ひととおりやるべきことが終わって、

時間があるときでさえ、これはヤル気にならない・・



「確定申告」



ここまで人の気を萎えさせるものって、ほかにあるだろうか。

ワシだけだろうか。



無理やりにでも、他の「やるべきこと」を探してしまう。

沈む・・

誰でもあることだとは思うけど、

管理人にもメンタルな「波」があります。



浮かんでいる状態から、沈みはじめるにはホンの一瞬。

しかし、いったん沈むと、なかなか浮かび上がれない。



沈むときは、そのきっかけというか、原因さえわからないことが多いのです。



管理人、ただいま沈没中~・・

思い出して仕事にならない

昨日、TVで初めて見た「トツギーノ」が頭から離れない。



仕事のことで真剣に考えていても、どこからか

「トツギーノ」

が聞こえてきて、仕事にならない。



これは困った。

今も思い出すと笑ってしまう・・



トツギーノ

G-SHOCK フロッグマン (その2)

探し物をしていたら出てきた、

管理人の「G-SHOCKフロッグマン」だが、

数年ぶりに姿を現しただけあって、当然電池が切れている。



最新の「電波ソーラー」時計であれば、

勝手に時刻を合わせて動き出すところだろうが、

10年ほど前の時計なので、そうはいかない。



それにも増して、マニュアルが無いのは問題だ。

この手の時計はやたらと機能とボタン類が多く、

何をどうすれば時刻を合わせることができるのかさえ、わからない。



・・と、CASIOのサイトを見たら、昔のモデルも含めて、

取扱説明書の類がダウンロードできるようになっていた。

いやいや、今の時代に感謝。



でも、印刷物をスキャンして作ってあるマニュアルなので、

画質が悪いな・・

G-SHOCK フロッグマン

モノを探していると、探しているモノではなくて、

他の「以前に失ったもの」を発見するのは、よくある話。



今回、管理人が10年以上前に身につけていた

G-SHOCK フロッグマン

が出てきた。



いやいや、懐かしい。

ネットで調べてみると、結構いい値がついている。

残念ながら管理人のモデルはさほどレアではないようだが、

買ったときの値段よりも高値で取引されているようだ。



まぁ売るのも面倒だし、このまま持っておこう(^^;



G-SHOCK フロッグマン

オブジェクト指向

最近「オブジェクト指向」を勉強中です。

「オブジェクト指向」とは、なんと言いますか、強引に一言で表すと



「ソフトウェア(プログラム)を作る際の総合的な技術/手法」



とでも言えばいいんでしょうか。



管理人は10年前まで会社員をしており、

COBOL(コボル)という、前時代的なプログラミング言語を使っていた

プログラマ/SE(システムエンジニア)でした。



たとえ20年前とは言え、今考えると石器時代のようなプログラミング言語です。

(今も一部のコンピュータではCOBOLが使われています)



管理人が会社員の頃、すでにこの「オブジェクト指向」は

「旬な技術」になりかかっていたのですが、

管理人のいた部署ではまったく取り組む気配もありませんでした。



「オブジェクト指向」が脚光を浴びるまでは「構造化プログラミング」という手法がもっとも洗練されているものだとされており、管理人もこの手法に慣れきっていました。



今では管理人もPHPなどの比較的新しいプログラミング言語を使ってプログラムを作っていますが、

未だに「構造化プログラミング」という手法(というか思考法)でプログラムを組んでいます。



人間、慣れた方法があると、それが旧いとわかっていながらも、

新しい方法に乗り換えるのが億劫なものです。



今回、オブジェクト指向に関する本を何冊か読んでみて、

決心しました。



これからは、たとえ徐々にであっても、オブジェクト指向に転換するぞ!



そう決心するほど、オブジェクト指向が優れた考え方であることが

わかったのでした。



ちょっと決心するのが遅すぎるな・・

いつものウダウダがいかんのだな。

アンチウイルス

先日からウイルスに悩まされていたんだけど、

ここ数日、再発が無さそうなので、

ようやく一安心。



しかし「ウイルス○スター」の役に立たないこと。

見つけてくれるだけで、駆除はしない。

見つけてくれないことさえある。



今のところ、Vistaに乗り換える予定は無いけど、

もし乗り換えることがあったら、

その機会にアンチウイルスソフトを替えようか、と思っている。



ノートンセンセーには以前に(Win95時代)コテンパンにやられたことがあるので、乗り換えない。



最近気になっているのはこちら

http://www.kaspersky.co.jp/

数年前にはこんなソフト、メジャーじゃなかったぞ。



JUSTSYSTEMが金払ってロシアから買ったのか。

ロシアってところが気になるけど・・



どなたかご利用中の方がいらっしゃったら、

どんなもんか教えてください。

DELLサポート(その2)

DELLサポートに電話をして26時間後、代替品のDVDディスクドライブが届いた。

これは脅威の早さだ。



ノートPCのDVDドライブを外し、代替品と取り替える。

動作確認・・OK。



そして不良品の返送手続き。

まったくスムースに完了した。



今回は管理人の中でDELLの株が上がったよ。サスガだ。



ただ一点、昨日の電話サポートでは担当者が

「今日の電話サポートに関するアンケートを同封します」

と言っていたのだが、そのアンケート用紙とやらは、入っていなかった。

マイナス1ポイント。



でも総合評価としては、多くのソフトウェアベンダーに比べると、遥かに高い。

DELL

DELLサポート

先日のウイルス騒ぎでは、管理人のサブマシンであるDELLのノートPCが活躍したわけだが、

ウイルス対策中、DELLノートにも不具合をみつけた。



DVDディスクドライブのトレイが出てこないのだ。

なんだよ~こいつもか。

と思いながら、とりあえずはメインのウイルス駆除に専念したわけだが、

ウイルス駆除もひと段落して、DELLのサポートに電話をしてみた。



最近は、この手のサポートセンターの電話には、外国人が微妙な日本語で応対することが多い。

今回のDELLも、そうだった。

発音は微妙だが、語彙や言葉遣いはほぼ完璧だ。

そこらの日本人よりも礼儀正しく、正統な日本語を喋っている。

訛りから、中国語圏の人と思われる。



結局、保証期間中なので無償でDVDドライブ交換ということになったのだが、発音はちょっとおかしいながらも、丁寧できちんとしたDELLサポートセンターには好感を持った。



これって大事だよね。

客は製品の不具合で電話をしているはずなのに、

結果として、かえってメーカに好感を持ってしまう。



最近、不祥事で世間を騒がせている多くの日本企業に見習ってもらいたいものだ。

オトナ買い

管理人は本が好きなだけではなく、本屋が好きなのです。



三省堂書店名古屋テルミナ店に行ってきました。

ナディアパークの紀伊国屋書店の撤退、三省堂名古屋高島屋店の売り場面積縮小など、名古屋の大型書店が撤退/縮小をしている中、

この名古屋テルミナ店は今もかなり充実した蔵書です。



名古屋では丸善の栄店が売り場面積が最大なんだけど、

駐車事情や、店内の見易さなどを比べると、三省堂テルミナ店に軍配が上がるような気がする。



で、ウロウロと見渡すこと40分。手には既に8000円分の本が。



イカンイカン。これ以上いると、もっと増えてしまう。



しかし、ユニクロで5000円のモノを買うときは散々悩むけど、

本を買うときだけは本当に金銭感覚が違うなぁ。

バブルの思ひ出

映画「バブルへGo!」が上映中。

たぶん、管理人は見に行かないとは思うけど、

あの時代は今でも思い起こすと妙な気分になります・・



管理人はバブル再末期に会社員でしたので、多少バブルに踊りました。

とはいえ、社会人1~2年生だったので、「小躍り」くらいかな・・



なんせ、スーツは7~8万円くらいが当たり前。

会社の同期は半数くらいが高級車に乗っていました。

ジュリアナは名古屋にはなかったけど、

「マハラジャ」や「キンクイ(King&Queen)」なんぞには行ったもんです。



映画のキャッチコピー

「戦国時代よりも、幕末よりもハイテンション」

はある意味正解です。



ボディコン+羽のついた扇子をヒラヒラさせた女性がたくさん高いところで踊ってました~。

そしてソレをマヌケヅラで見上げるワシ・・



あぁ、思い出すだに、情けない。

もう少しマシな過ごし方をすればヨカッタ。

とりあえず一区切り

ひとまず、見つかったウイルスを退治しました。



「ウイルス・バス○ー」を販売している「トレンド○イクロ」という会社のサイトに、ウイルス情報が載っていたので、その手順に沿って駆除しました。



・・っていうかさー、自社のサイトに駆除のしかたを載せてるんだったら、

アンタんとこのウイルス駆除ソフトにやらせなさいよ!

何のためのウイルス駆除ソフトなんだよ~(-"-)



まぁとりあえずは駆除したからいいけどさ。



でも、安心はできません。

以前に「トロイの木馬」に感染した際も、同じように「トレンドマ○クロ」のサイトを参考に駆除したのですが、駆除しても駆除しても次から次へと新たなウイルスに感染し、結局原因は他のところにあった、

という経験があります。



しばらく慎重に様子を見ることにします。

やっぱり

朝起きて、ウイルススキャンのチェック。

正常ならば電源が落ちているはずなのに、アライブ状態。

あ、あかん・・



見つかりました。

TROJ_Generic.Z

以前に管理人と死闘を繰り広げた、

あの「トロイの木馬」系のウイルスです。



Windowsのセキュリティシステムの一部を勝手に開放し、

新たなウイルスを次々と呼び込む、本当にタチの悪い

ウイルスです。



今、管理人の感染したメインマシンはネットワークから隔離しているため、

もう一台のノートPCからこの日記を書き込んでいます。



今から管理人は戦いに向かいます。

それではみなさん、また会いましょう・・・

またもやウイルス

またもや管理人のPCがウイルスに感染しました。

前回感染したときは、駆除にすごく苦労したんだけど・・



今回も、とりあえず発見したウイルスは駆除したけど、その後が怖い。



仕事中にウイルスチェックソフトが起動すると、仕事の邪魔になるのでいつも途中で中断させてしまうんだけど、やっぱり週に一度くらいはきちんとウイルスチェックしたほうがいいのかな。



でも、イザというときにウイルス駆除ソフトは役に立たないものだなぁ・・

ま、まずい・・

覚えの無い、ヤバそうな名前のファイルが知らん間にできている。

これはウィルス/スパイウェアか?



以前、かの有名な「トロイの木馬」系のウィルスに感染したときのことを思い出した。

「ウィルス○スター」なる、ウィルス駆除ソフト(当然、当時の最新版)は、

これっぽっちも役に立たず、

人にも協力してもらって、1日以上かけて手作業で駆除した。

レジストリやWindowsのシステムファイルまでいじる、相当大変な作業だった。



もうあんな思いは、もうゴメンだぁ~



とりあえず、今作業中のファイルだけを避難させ、

現在、ディスクスキャン中。多分一時間以上かかるから、

このまま仕事を終えます。



何事もありませんように・・

明日の朝が怖いなぁ~(+_+)

気になる

今、ミスドの「オールドファッション抹茶」が気になる。



以前、「ポンデ抹茶」にハマったことがあるからなぁ。

どうしてワシが好きな商品は定番にならんのだ。

ポンデ抹茶復活希望。



http://www.misterdonut.jp/

アイデア出し大会

I氏と会談してきました(前の日記参照)



現在の彼のインテリア系ショップサイトをテコ入れしたい、とのこと。

現在の状況や、今後の方向性についてヒアリングしてきました。



マイフレすこっち氏のネットショップのことをお話したら、

すごく興味をお持ちでした。



しかし毎度、人とお話していて思うことだけど、

本題から少しはずれて雑談に移った時がすごく楽しい。



いわゆる「アイデア出し大会」のような話題になって、

「こうゆうことやってみたらどうだろう」

「こんなサイトがあったら楽しいんじゃないか」

という、いわゆる「ブレーンストーミング(ブレスト)」状態になります。



マイフレのすこっち氏やAKI氏などとお話をしている際にも、

よくこういったモードに入ります。



実現性は低くても、たとえば1,000のアイデアが出たら、

ひとつくらいはモノなる、いや、してみせる!

くらいの勢いもあって、お話が弾みます。



何かひとつくらい実現できるといいなぁ~

本日のおでかけ予定

今日は、昼から知り合いのI氏と会談の予定。

インターネット物販サイトのテコ入れについてのご相談。



独立して仕事をしている先輩として、

もう数年来の知り合い。



彼はインダストリアルデザイナで、

家具、アクセサリー、住宅インテリア、店舗内装などの

デザインを手がけています。



人の仕事の話を聞くのはもともと好きなので、

楽しみです。

歴史散歩・・勅使門をふたつ

たまたま通りがかったところに、

「勅使門」が有名なお寺があったので、寄ってみた。

勅使門とは、天皇の使者を迎えるために作られた門のこと。

その門があるということは、少なくともその寺には天皇の使者を迎えることができるだけの格式があったということ。



寄ってみたのは、稲沢市の「禅源寺」。

寛永年間(江戸時代初期)のもので、わりと質素。

稲沢市の指定文化財。

この寺は将軍を迎えたこともある寺で、社内には葵の紋の使用が許されている。

禅源寺の勅使門



この門を見たら、以前に見た妙興寺(一宮市)の勅使門がまた見たくなって、行ってみた。

妙興寺の勅使門



こちらは14世紀、南北朝時代のもので、国の重要文化財。

やはり「市指定文化財」と「国指定重要文化財」だと、

格が違う。

こちらのほうが重量感もあり、格式高い。

妙興寺は管理人が好きなお寺のひとつで、何度行っても心が静まる。

大きく古い寺や神社に行くと感じることができる、ぴんと空気が張ったような気配がある。

妙興寺には勅使門の他にも総門、楼門、仏殿、鐘楼など、

見どころがいっぱいです。

マッシュアップ

ネットの世界では「マッシュアップ」が流行しているみたい。

マッシュアップとは元々音楽用語らしく、いろんなWebサイトが提供している情報サービス(Webサービス)を組み合わせて、独自のコンテンツを生み出す手法。

(管理人が理解した内容を書いているので、間違っているかも)



日本はアメリカから少し送れてブームになるので、

「すでにアメリカでは陰りが見えている」

とも報じられている。



かく言うe-Gaya!も、「スポット」でGoogleMapsを使っていて、チャチながら「マッシュアップ」と言えなくもない。



情報提供側のWebサービスが増えるほど、それらを組み合わせてできるマッシュアップサイトのアイデアも増えるわけで、管理人もワクワクしてたんだけど、

こんな記事を見つけた。



GMO社長の熊谷氏のブログ。

http://www.kumagai.com/?eid=293



うーん、あんまり浮かれすぎるのも考えモノかな・・

朝から重労働

今日は古紙回収日。

昨日用意して置けばよかったんだけど、忘れてた。



そこで、今朝は大急ぎで雑誌やら、書類やらをまとめて運んだ。

3階からこれだけの量の雑誌を運ぶのは、けっこうな重労働。



午前中で電池が切れそうです。 雑誌の山

茂木健一郎氏

昨日は

「壬生義士伝」を録画しながら

NHK「プロフェッショナル」を見た。



「プロフェッショナル」は、人気番組だった「プロジェクトX」の後継番組で、

「プロジェクトX」ほど話題にならないものの、ためになる点が多い番組だと思う。



で、昨夜の「プロフェッショナル」は特番。

さまざまな業界のプロの仕事術を公開する、というものだった。

まぁ一般的に言われているようなことが多かったような気もするが、

気になったのは番組の司会者で脳科学者の茂木健一郎氏の仕事の仕方。

なんと、起床してすぐベッドにPCを引き寄せ、仕事をはじめる。

まさに「寸暇も惜しむ」とはこのことだ。

まぁコレだけではないが、今まで「番組の司会者」としてしか捉えていなかったけど、彼の本でも読んでみようかな、という気になった。



⇒番組のサイト

http://www.nhk.or.jp/professional/



⇒茂木健一郎氏(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%82%E6%9C%A8%E5%81%A5%E4%B8%80%E9%83%8E



⇒茂木健一郎氏ブログ

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/

ワカッタ!!

えー、先日から管理人を悩ませておりました問題が解けました!



こうゆう場合にはよくあることなのですが

「単なるケアレスミス」

でした。。

みなさんにはご迷惑をおかけしました。



この問題をご覧になって、間違いがわかりますでしょうか・・

(前日の日記参照)





たぶん、管理人は「思い込み」によって

「見ているようで、見ていなかった」

という、プログラミングにありがちな罠にハマっていたんでしょうなぁ。



正解は・・





「出力時にstripslashesを二度かけていた」

でした。



チャンチャン・・

三日目突入

同じ問題を抱えたまま、三日目に突入しました。

そろそろ、スタンスを変えなくてはいけません。



いったん棚上げするなり、違う方法を模索するなりしないと

時間の無駄になってしまう。



同じ問題を考え続けるような種類の仕事をしている人は、

こうゆう場合、どうするんだろう?

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。