チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜の牛の日

えー、管理人はガキの頃から、

大人になってからも相当長い間



「土曜の牛の日」



だと思っていた。



だから近所の焼肉屋さんは土曜日に混むんだ。

なるほどー。



などと一人でナットクする始末。



だって、「土用」も「丑の日」も、

この日以外、耳にしたことがないでしょ~。



だいたい、土用って何なのさ。

Wikipediaで調べてみたこともあるけど、

たぶんみんなは、夏のほかの季節にも土用があることすら、

知らないでウナギ食ってるでしょ~。



まぁ、土用の意味を知らんからと言って、

ウナギを食ってイカン理由はどこにも無いのだが・・。



しかし、今日はスーパーの鰻を買ってくるならともかく、

「鰻屋さん」に行くべきではないですな。

すげー混んでるだろうから。



すこし日にちをずらして、食いに行くことにしよう。



あー、鰻食いて~。

スポンサーサイト

ふか~く悩んでいるのです

最近、管理人自身が

「”イーガヤ”って何なんだろう?」

「これからイーガヤはどこに向かえばいいんだろう?」

って、考えるようになりました。



そもそも、自分がクルマを車検に出そうと思ったとき、

近所の車検工場を探そうとして、

Webで探すのに苦労したのが、このサイトを作ろうと思ったきっかけだった。



もともとの目的は果たせているのだろうか・・?

いや、果たせていないだろう。



「名古屋の情報サイト」って自分では言っているけど、

これって意味があるのだろうか・・?

「名古屋の情報」って、そもそも何だ?

自分がこのサイトを運営する意味は?

大手ポータルに対するアドバンテージは?



・・・うーん。

自分でも答えが見つからない。



この悩みは閉鎖されたSNSではなくて、

ブログか何かに書きたいなぁ・・。

セミナー終了

土曜日は、ここんとこ受けていた3日間の

ビジネス系セミナーの最終日でした。



40人くらいの出席者のうち、

みんなの前でビジネスプランを発表(プレゼン)できるのは

6人くらい、と聞いていたので、

ゼヒ発表者になりたいものだ・・と思っていたのですが・・・

講師の先生のご厚意により、

一人目のプレゼンターとして発表できた!



何を隠そう「イーガヤ」のビジネスプランです。



管理人自身も、スクールでの講師経験があるので、

人前で話をすることに緊張はなかったんだけど・・



サスガに出席者の方々の指摘は厳しく、

管理人のプランとプライドはズタズタになりました・・(T_T)

まぁ、そうなることはわかってたんだけどね。



でもでも。

すごーく勉強になりました。



くっそーこれをバネにe-Gaya!をいいサイトにしてやるからな~っ。

できない・・

整理整頓が大の苦手なワシ。



去年から、ちょくちょく部屋の不要なモノを棄てているんだけど、

いっこうに部屋が片付いていくという印象がない。



床に散乱する本や書類。

ペンや電卓、メモが散らかったデスク。



これらを、どうすれば片付けられるのかがわからない。

収納スペースや収納ルールが無いのが原因だと

わかっているんだけど、そのルールをどうやって作るのかが

わからない。



最近読んだ本では

「部屋やデスク、カバンの中が散らかっているのは、

その人の頭の中が整理整頓されていないのと同じ」

という、ショッキングな記述が・・。



これはイカン。



たとえ買ってから一度も使っていないものであっても、

ガンガン棄てて、要る物は必要なスペースを確保して

整頓せねば・・・。



そして、その決意を新たにした後、

別の本で読んだ記述を思い出した。



「行動を変える事でしか、人は変わらない。

最も無意味なのは”決意を新たにする”ことだ」



ごもっとも・・

ホントか?ホントにホントか?

中国の「段ボール肉まん報道」。

放映した中国のTV局が「やらせ報道」だとして、謝罪したそうだ。



うーむ。にわかには信じがたい。

報道は真実で、これを不都合に思った当局から、

TV局に圧力がかかったのではないか。



そう思えて仕方が無い。

根拠は無いのだが、なんか臭いぞ。

モードが切り替わりました

本日、モードが切り替わりました。



「夏バテモード」

から

「かなり夏バテモード」

に切り替えです。



今年の夏は長引くそうなので、

一時的な復活を除き、しばらくこのモードで継続するものと思われます。



よろしくお願いします(^^;

脳の使い方

どうも、管理人は「脳の使い方」がヘタクソらしい。



・・そんなこと考える人って、あんまりいないかな。



「脳が冴える15の習慣」築山 節 (著)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4140882026?ie=UTF8&...



どうも能率が上がらない、ダラダラと仕事をしてしまう、

などは、気合が足りないのではなくて、

「脳の使い方」が間違っているからだ。

という説。



なるほどねー。

てっきり、管理人は気合が足りない根性ナシだと、

自分で思ってました。



「脳の使い方マニュアル」なんて用意してくれればいいのに。

すげー分厚くなりそう。

やりすぎだよ

豚の心臓を添加した「牛肉ミンチ」が、

マトモに見えてきてしまう。



中国の「段ボールで作った肉まん」

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070712k0000m03...

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007071200085



いくら偽装するにしても、

せめて材料は食い物にしておきなよ。



確かに、安い肉まんって、食感が段ボールっぽいけど・・・

日本は大丈夫だよね??ゼッタイ大丈夫って思えない今日この頃。



しかし、すげー国だ。中国。

ポジティブくんとネガティブくん

知人のブログで

「ポジティブくんとネガティブさん」

についての記述があって、読んでいて感じることがあったので、

管理人なりに考えたことを。



ま、先に結論を言ってしまうと、

「どちらも過剰なのはよくないよね」

ってことなんだけど。



起業を目指す人たちや、起業したての人たちに多いのが

「ポジティブくん」

自分の環境や自分の能力について肯定し、

すべて「自分の心がけ次第でよくなる」

もしくは「自分の考えや能力を信じよう」

というポリシーの持ち主で、エネルギッシュな人が多い。

異業種交流会などで、よくお目にかかる。

(異業種交流会自体は管理人も好きだし、否定しているワケじゃないよ。)



姿勢としてはとてもいいことだし、

管理人も見習いたい部分が多いんだけど、

「自分のことばっかり話す」

「自分のビジネスの売り込みが多い」

「自慢する」

という人も多い。



知り合って間もない人に対して、

できるだけ人を利用しようとする姿勢が見えたり、

人を見下しているように感じることがある。



自慢話も、自分の自慢ばかりではなく、

自分の知り合いの武勇伝さえ誇らしげに語ったりする。



コレに対して、正反対なのが言うまでもなく

「ネガティブさん」



「自分はダメだ」「自分なんか」というキーワードが多い。

何かうまくいかないと、

人や環境のせいにしたり、言い訳のような言葉が目立つ。

ヘタすると「不幸自慢」のような印象さえ受ける。



どちらも、

「自分の話が多い」

「自分以外の人の考え方を受け入れようとしない」

「自分は間違いなく正しい」

という点では、共通しているかな。



あ、もっと際立った共通点がある。

「迷惑」

ということ。



でも、これは両方とも極端な例。

だれだって両面を持ち合わせているし、

立場や時期、環境によって、

両者の間を行ったり来たりする。



管理人は、

ネガティブ:ポジティブの割合が「7:3」

くらいの人間だろうか。



人からはノーテンキに見られるんだけどね。

実際はそうでもないのだよ。



和田秀樹氏の著作に多いキーワードとして

「メタ認知力」

という言葉がある。

自分が認知していることを、もう一段高いところから認知する力。

こうゆう力が備わっていて、常に機能していれば、

バランスの取れた人間になるんだけどなぁ。



まだまだ精進が足りませんわ。



(*特定の人物について書いたわけじゃないですよ)

気になる・・「諸刃の剣」

気になるふたつめ。



「諸刃の剣」。



「諸(もろ)」とは、「いろいろな、さまざまな」の意。

「諸人こぞりて」とか「諸々(もろもろ)の事情」なんかで

使うよね。



「両(もろ)」「双(もろ)」は、両方のこと。

相撲の「双手差し(もろてざし)」が、そのものズバリの意味。



じゃあ、「もろはのつるぎ」は「両刃」「双刃」が正しいんじゃないだろうか・・・。

こんなこと気にする人、いないのかな。

気になる・・「水廻り」

小さなことが気になる管理人です。



「住まいのリフォーム」関連の新聞折込チラシ。

「内装」「水廻り」などと書いてあるけど・・・・。



「水廻り」「水回り」って、正しいのだろうか?

三省堂提供「大辞林 第二版」(goo辞書)

にも「水回り」と出ているのだが。



「回る」「廻る」「回り」とは、くるくる回る、回転すること。

「(営業の)外回り」とか「(電車や時計の)右回り」は

これで正しい。



「周り」とは、その周辺、周囲のこと。

「身の周り」とか「腰周り」、「駅の周り」とかはこれ。



で「みずまわり」の意味は

「建物の中で、水を使う部分。台所・洗面所・風呂場など。」(大辞林)

とある。



水を使う周辺の部分って意味なんじゃないの?

じゃあ「水周り」が正しいんじゃないの??



こうゆう疑問、たくさんあるんだけどなぁ~

今から期待・・戦国の武将たち

今朝の中日新聞で、みっけた!



徳川美術館で7月21日から開催される

企画展示「天下取りへの道 戦国の武将たち」。



アノ有名な

「信長から於寧(おね)に宛てた書状」

のホンモノが展示される。



これは期待。



今からワクワクしている管理人です。

開催初期に行くと人がいっぱいだろうから、

日程の中ほどに行ってみようかな・・

CMシリーズ(ソフトバンク)

最近のソフトバンクのCM。

上戸彩、樋口可南子が出演してるヤツ。



最初は面白かったのだが、急に面白くなくなった。

なんでか・・

「お父さんが犬であることが不思議だ」

ということを、CMの中で喋ってしまったから。



お兄さんの

「なんで?」

に対して、上戸彩が

「わかんない。あと、どうしてお父さんが犬なのかも」

って。



あちゃー。言っちゃった。



あのCM。お兄さんが外国人で、お父さんが犬、

っていうのが、最大の「おかしみ」なんだけど、

それをあたかも当然のように進めていく事で

面白さが出たんじゃないかな、と思う。



だから、それをナゾにしてストーリーを作ったり、

話を引っ張ったりしちゃいけないと思うんだ。



やっちゃいましたね。

間違い電話

ケータイ全盛のこの時代でも、間違い電話って存在するのね。



管理人のケータイに、見知らぬ番号から着信が。

うーん、セールスかしらん。

普段お話をする人は全て登録してあるけど、

管理人の名刺にはケータイの番号も記載してあるので、

名刺交換したばかりの人からかもしれない。



一応、かけてみるか・・・



相手「あ、すいません、以前の番号にかけてしまったみたいです」

ワシ「そうですか」

切る・・。



以前の番号って??

管理人はカレコレ5年以上は、この番号だぞ。



・・・ナゾだ。



それにしても最近、迷惑メールや「ワン切り」って無くなったねぇ。

携帯電話各社の努力の賜物でしょうな。

でも、サスガに間違い電話だけは防ぎようがないわな。

セミナー(2)悩んでいるのです

先週末の起業セミナーでは、

「自分の強み」の分析、マーケットや周辺環境の分析を、

講師の先生独自の方法で行いました。



管理人が作成した分析シートを先生がご覧になって、

管理人におっしゃいました。

「悩んでますね」

「あれもいい、これもやりたいと思ってますね」



・・・・・・・・。はい。



見透かされてしまいましたか。

まさにそのとおり。絶句してしまいます。



そうなんです。

管理人は仕事についてずーっと悩んでいるのです。



自分の強みを客観的に把握できていない。

自分の進むべき方針が確定していない。



という事が、バレてしまいました。



それらは自分でもわかっていたけど、

こうも自分の弱点が明確に書類として表れてしまうと、

行き場というか、逃げ場がなくなってしまう。



自分の強みを把握して、方針を固めなくてはいけないことは、わかった。

でも、どうすればいいのだ・・。

インク切れ

去年の年末、年賀状用にDELLのプリンタを買った。

3980円で、スキャナつき。

今考えても、お買い得だなぁ。



ついでに追加インクも買っておいた。



年賀状はカラーインクを使わないような、

できるだけシンプルなのにしておいて、

ちょっと節約(セコイ)



で・・年賀状以外の使い道といえば、

ドキュメント印刷など、モノクロ印刷がほとんど。



なのに・・カラーインクが切れた。

ええっ、もう?



早くないか?カラー印刷なんて、ほとんどしてないぞ。

やっぱカラープリントは高くつくわぁ。

桃太郎神社(2)なぜ行ったかといいますと・・

桃太郎の続き。



なぜ管理人が桃太郎神社に行ったかと言うと、

さきほど述べたように「ついで」があったからなんだけど、

実は大事な用事があったのだ。

それは・・



「きびだんご」



きび団子って食べたことある?

管理人は、無い。



歴史小説「密謀」(藤沢周平/著)を読んでいて、

「黍餅(きびもち)」が出てくるシーンがあったので

どんな味なんだろう?と考えてたら、食べてみたくなった。



そこで、桃太郎神社近くの「おみやげ物屋」なら、

きび団子を売っているだろう、

という考えで寄ってみたのだ。



ちなみに黍(きび)=吉備国(きびのくに)で、

桃太郎の出自は吉備国(岡山県あたり)とされているのです。

きび団子は本来「黍団子」ですが「吉備団子」とも書きます。



で、お土産物屋のきび団子。

やっぱりそこは「おみやげ用」。

きび団子であるにも関わらず

「原料に黍(きび)は使用しておりません」

などというフトドキなものもあった。けしからん。



一応、黍が入っているものを買って食べてみた。

・・うん。おみやげものにしては、まぁまぁおいしかったよ。

でも、黍よりもきな粉の分量が多くて、

きな粉の味しかしなかったなぁ・・



ホンモノのきび団子食べてみたい・・・・



(参考:きび団子)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%82%99%E5%9B%A3%...

桃太郎神社

別に用事があったわけでも、

行きたかったわけでも無いんだけど、

ついでがあったので、先週末にちょっと寄ってみた。



犬山市の「桃太郎神社」



由緒ある神社や寺を巡るのは大好きな管理人だけど、

ここは何というか・・それらと同じにしたくない。



怪しさ大爆発。



まず、桃太郎の古びたコンクリート製(?)人形が出迎える。

塗装が剥げ落ちて、ブキミ。

境内にも、猿やらキジ、猿、犬やらの人形。

あと「おばあさんが使った」という洗濯岩(ホントかよ)



(参考:桃太郎神社)

http://www.yha.gr.jp/momotaro/densetu.html



付随して、これもなにやら怪しげな「宝物館」が。

なんでも「鬼のミイラ」が展示してあるのだそうだ。

驚くべきことに、拝観料200円(!)も取る。



もちろん、入らなかったよ・・(^^;

200円がもったいないじゃん。



しかし、「鬼のミイラ展示」って思いっきり宣伝しちゃって、

法律に触れないんだろうか。



だいたい、桃太郎の伝説って吉備国(現在の岡山)じゃなかったっけ?

(参考:桃太郎)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E5%A4%AA%E9%83%8E



古い神社やお寺の雰囲気って好きなんだけど、

ここはちょっとそうゆう感じではなかったなぁ~。

困りますな。

桃太郎神社

仏頂面

ミートホープの社長と、

久間前防衛大臣の

無責任な表情や態度に共通点を見出してしまうのは、

管理人だけだろうか?



あの無表情で、自分のしたことがわかっていない態度。

やんなるね。



しかし与党の

「参院選に影響が出る」

って、そうゆう問題なのか?

セミナー

土曜日、ひさびさにセミナーに出席してきました。

公共の団体が主催する、経営系セミナーです。



この手のセミナーに参加して思うんだけど、

授業内容が為になることはもちろん、

いろんな業種の人たちと知り合えるのが、

なんと言ってもメリット。



学ぶって、楽しい♪

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。