チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風は山河より

しばらくの間、専念したいことができたために

大好きな歴史小説を絶っておりました^^;

「最近、面白い歴史小説がないなー」

と思っていたので、ちょうどよい機会でもあったのです。



でも、気分転換のため、と想い、

ついに手を出してしまった作品が悪かった。



これが、面白すぎるのです。



「風は山河より」宮城谷 昌光 (著)







まず、文章力がすごい。

歴史小説というと、司馬遼太郎氏はじめ、

多くの歴史小説家の作品を読んできましたが、

宮城谷氏の文章力は並外れている、と思う。



しばらく歴史小説を絶っていた上に、

ひさしぶりの傑作に出会ったもので、

むさぼるように読んでしまいました。

まだ全5巻のうち、一巻を読み終えたところです。



最近読んだ中で「これはすごい作品だ」と思った歴史小説は、

「密謀」 (藤沢 周平著)

「樅ノ木は残った」 (山本 周五郎著)

以来だと思う。

(どちらも古い作品ですが)



「風は山河より」は、

奥三河の豪族、松平(徳川)氏の家臣の、菅沼氏一族の話です。



これまでの自分の中のベスト作品の中に輝きそうな勢い。

面白いので、途中でやめられない。

しかも、全5巻・・。



うーん、どうしよう。

読み続けるべきか、途中で諦めて、

時間が経ってからじっくり読むべきか。



ちなみに、中日新聞では現在、宮城谷氏の

「新三河物語」が連載中です。

こっちももちろん読んでいます^^;

こっちは一日に読む量が限られているので、問題ないのですが・・



困った困った。

スポンサーサイト

スバル

残念ですねぇ。スバル。

軽自動車から撤退するのだそうです。

別にワシはスバルファンではないのですが、

家にはスバルの軽があります。



スバルが属するトヨタグループには、

ダイハツという、軽自動車をお家芸とする会社があるので、

トヨタ親分にしてみれば

「軽を作る会社は2社も要らん!」

ということなのでしょうね。

いかにもムダが大嫌いなトヨタらしい。



今後はスバルの軽自動車は、

ダイハツからのOEMになるのだそうです。



スバルは、日本で始めてCVTを採用したり、

世界的にも珍しい水平対向エンジンを作っていたりと、

世界の自動車業界の中でも、

かなり個性的なクルマを作る会社です。



ただ、デザイン力だけは、

いつまで経っても残念なままでしたけどね・・^^;

R2なんかも、画期的なデザインと思いきや、

どこかに泥臭さを残しているように感じます。

それが、いまいちスバルという会社が垢抜けなかった理由なのかな。



個性とは正反対の方向にあるトヨタ自動車のグループに入るのは、

なんとも気の毒。



そのうち、レガシィはマークXのワゴン版、

インプレッサはカローラのワゴン版になるんでしょうかね。



でなけりゃスバルは、トヨタの車種の生産工場になってしまうんでしょうか。



いすゞ自動車が乗用車から撤退する時にも思ったけど、

個性的な自動車作りって、

許されない時代になってきているのかなぁ。



ひとつ、気になるのは

「今後、スバルとトヨタは共同でスポーツカー開発に乗り出す」

というニュース。



ここからトヨタの思惑が見えるような気がする。

「スバル」というブランドを借りて、

リスキーだがプレミアム性の高いクルマを作ろうという魂胆か。



コケた時のスバルのダメージは怖いけど、

これまでに比べると、

スバルは思い切ったことができるようになるのかな。



スバルというブランドが消えることがありませんよう・・。



アマゾンさん

アマゾンでよく本の買い物をします。

多い時には1ヶ月に3~4回ほど、アマゾンから荷物が届きます。



届けてくれるのは、ペリカン便の軽自動車。

いつも同じ男性です。

ワシよりも10~15歳くらい上の人でしょうか。

もっと上かもしれない。



何年もの間、毎回毎回届けてくれると、

自然と会話が発生します。

お天気のこととか、他愛も無い会話だけど。



でも、たまーに届けてくれる人が違う人だったりすると、

「あれ?彼は仕事やめちゃったのかな?」

とか

「カラダでも壊したかな?」

と心配になったりする。



彼がオフの時に、

近所で見かけて挨拶をしたことがあったので、

きっと近所に住んでいる人なんでしょう。



勝手な想像だけど、きっとペリカン便から

この地域の宅配の委託を受けている、個人事業主の人なんだと思う。

軽自動車も、きっと自分持ちでしょうね。



他の家に宅配(やっぱり荷物はアマゾンだった)を

届けている姿を見かけることもあって

「お、がんばってるな」

と思うこともある。

些細なことだけど、

そうゆう時、自分もがんばらなきゃ、と思う。



ワシが彼につけた名前は「アマゾンさん」。

アマゾンさんは今日も雨の中、ワシに荷物を届けてくれました。



がんばれ、アマゾンさん。

商売繁盛をお祈りしていますよ。

ワシもがんばります。

消しゴム

ここしばらく、文章はPCで書いていたため、文具は適当なモノしか使っていなかった。



でも最近、文章や文字を手書きすることが増えた。

そうすると、俄然、筆記具が重要になってくる。



ペンもさることながら、気になるのは消しゴム。



そういえば、ガキの頃、消しゴム集めてたっけ。

使うのがもったいなくて、ひたすら未使用の消しゴムばかり

持ってたなぁ。



今、使っているのは、PLUS社の「OMNI1」。

消しゴム

鉛筆/シャープペンシルの芯の硬さに応じた、

かなり機能的なシロモノ。



ワシはシャープペンの芯「B」を使っているので、

このOMNI1「B~6B用」は、とても重宝なのだ。



ところが・・。

このOMNI1、現在は売られていないらしい。

「NewOMNI」という代替製品は出ているものの、

「HB~B」用と、

「2B~6B」用に別れているようだ。

http://bungu.plus.co.jp/sta/product/office/omni/omni.htm



ネットで評判を見ていると、

どうやらワシが使っている旧製品のほうが評判がイイらしい。



どうしてこうゆうことするのかねぇ。

そのままの製品で、じゅうぶんに利用者は満足しているのに。



すごく些細なこと・・ではない。

これは手書きをする人にとっては、とっても重要なこと。



まだ「NewOMNI」使っていないけど、

以前と変わらない使い心地であることを望む。

いいなぁ922SH

ソフトバンクの922SH。

いいなーコレ。

Xシリーズじゃなくて、3Gで出たところがポイント。



922SH



http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/922sh/



電話番号は、どうやって入力するんだろ?

ひょっとして、キーボードから?

使いにくそう・・

でもいいなぁ。



2年間、実質的に機種変できないから、しかたないな。

どうせ、自分が機種変するころには存在しないだろうケド・・



でもいいなぁ。

使いにくそうだけど。



・・やっぱり使いにくそう。



電卓

電卓を四つも持っているのに・・

また買おうかと思います。



電卓



別に電卓集めが趣味なワケでも、

電卓が大好きなワケでもないんだけどね^^;



買おうかと思っているのは、簿記/会計に使える、

少々大型のタイプ。

なので、使い勝手が最優先。



でも、この手のは、買って使ってみないと

使い心地がわからないのよね~。



どなたか、会計/簿記で早打ちが得意な方、

どんなのがよいのか教えてくださいな。



今のところ、SHARPのEL-N732-Xがいいかな、

と思ってるんだけど・・



CS-S932-Xのほうがいいかな。悩む。

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。