FC2ブログ

チカゴロのワシ

未定

トップページの役割(4)サイトID

中小企業のホームページでの「トップページ」の役割を考える、

第4回です。(第1回第2回第3回



第3回では、「自分(自社)が何者であるか、知っていただく」

ために必要な、トップページの要素についてお話しました。



ここから、各要素の説明に入っていきます。

前回のおさらい。





サイトID

サイトIDには様々な役割がありますが、ここではトップページでの

「自社が何者であるかを知っていただく」という機能に的を絞って

お話します。



中小企業のホームページの場合、サイトIDの部分には

企業名/店名をそのまま持ってくることが多いと思います。

ロゴマーク、ロゴタイプ、が、サイトIDとして

配置されます。



ここでは「ABC珈琲」という店名(社名)が、サイトIDとして

表示されています。

今回の例ではこの店名の中に「珈琲」という文字が

入っているおかげで、訪問者は

「喫茶店かコーヒー豆の店かはわからないが、

とにかくコーヒー関連のホームページだな」

ということがわかるわけです。



つまりサイトIDだけでもある程度「自社が何者であるか」を

あらわしていることになりますね。



では、この会社の社名が「ABC商会」だったら、

どうなるでしょう?

「ABC珈琲」という社名に比べて、訴求(*)が弱くなるのは否めません。

(*訴求:広告や販売などで、消費者の購買意欲に働きかけること:「Yahoo辞書」)



「ABC商会」は「ABC珈琲」に比べると、いきなり最初からハンディを背負うことになります。



同じような比較例は

「ABC眼科」と「ABCクリニック」

「ABC建築設計」と「オフィスABC」

といったパターンにも当てはまります。



前者のほうが「ハッキリわかる」とは言えないまでも、

より具体的で、「何者であるか」がわかりやすいですね。



現実には、サイトID(社名、店名)だけで、

ホームページの内容が推測できないケースがほとんどです。



その場合は、次に説明するタグラインで対処するという方法があります。



スポンサーサイト



トップページの役割(3)

中小企業のホームページでの「トップページ」の役割を考える、

第3回です。(第1回第2回



第2回では、「自分(自社)が何者であるか、知っていただく」

ことの重要性についてお話しました。



では、どうやってトップページで

「自分が何者であるか」を知っていただくのでしょうか。

トップページを構成する要素から考えてみます。



・サイトID(サイトロゴ)

・タグライン(標榜)

・キャッチコピー、キャッチフレーズ

・イメージ(画像)

・メニュー

・文章



などの要素があります。



他にも「デザイン」「SEO」などの要素もありますが、

今は「自社が何者であるかを知っていただく」ことをテーマに

お話しているので、これらの要素の説明は別の機会にします。



仮想のコーヒー通販ショップのトップページを作ってみました。





チャチャっと作ったので、細かい点は気にしないで(^^;

スタンダードな仕立てにしてみました。



全てのトップページがこのように作られるわけではないですが、

トップページに求められる主要な機能は押さえてあります。



このようなレイアウトにした場合、

それぞれの要素は以下の通りです





前回、お客さんは数秒間で「そのホームページが何者であるか」

を見極めようとして、わからないと離れてしまう、

ということをお話しました。



画像をご覧いただけばお分かりになると思いますが、

これだけの要素全てを数秒間で見ることはできませんから、

優先順位が大切になります。

特に重要なものは

サイトID、キャッチフレーズ、イメージ画像です。


この三つであれば、目につきやすいですし、

訪問者は「読む」ことをしないまでも「認識する」ことができます。



訪問者は(意識することなく)この三つを見て

「どうやらこのホームページには自分の探しているものがありそうだ」

と判断した場合、トップページの他の要素(メニューや本文)を見る可能性が高くなります。





 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!