FC2ブログ

チカゴロのワシ

未定

ホームページかウェブサイトか

「ホームページ」や「ウェブサイト」と言った場合、

それが何を指すのか。

かなり多くの人たちに知られるようになったと思います。



まだウェブサイトという言葉の知名度は

ホームページという言葉には及ばないかもしれません。



新聞やTVなどのメディアによっては

「ホームページ」という言葉の使い方が異なるので、

一般の方にとって混乱の元になっています。



バラエティ番組などでは「ホームページ」と呼ばれているものが、

ニュース番組などでは「ウェブサイト」と呼ばれることがあります。



同じ新聞の中でも、三面記事などでは「ホームページ」と

書かれているものが、経済欄だと「ウェブサイト」と

書かれていたりします。



携帯電話では「携帯のホームページ」と呼ばれることは少なく、

「携帯サイト」などと呼ばれていますね。



これはもともと「ホームページ」という言葉の誤った使い方が

普及してしまったことに由来します。



誤って広まってしまった以上、

その使い方で統一してしまえばよいではないか、

という考えもありますが、

そうすると、ちょっと困ったことが起きてしまうのです。







正しく言葉を使うとすると、上の図のようになります。



どこかインターネット上のページを見ていて、

そのトップページに戻りたい場合、「ホーム」というボタンを

探したりしませんか?

つまり本来は

ホーム=トップのことなんです。

ホームページとは、その企業のホームページ全体の中で、

最初に見るページだけを指す言葉だったのです。



「ホームページ」という言葉が誤って広まってしまった為、

本来の「ホームページ」に代わる別の言葉が必要になってしまい、

「トップページ」という言葉が使われるようになりました。



では、トップページ以外のページや、

特定の企業のページの集まり(つまり、ある企業のページ全部)を

指して呼びたい場合は、どのような言葉を使えばいいのか?



現状では一般的に、それら全てが「ホームページ」という言葉で

呼ばれているのです。



この「ホームページ」という言葉の使い方だと、

個別のページを指したり、ページの集まり全体を指して

区別したい場合に困ってしまいます。



本来は



●役目にかかわらず、1枚1枚のページを指すには「ウェブページ」

●ある目的でまとまったウェブページの集まりを「ウェブサイト」

●ウェブページの中でも、

 ウェブサイトの入り口に当たるのが「ホームページ」

 (またはトップページ)

●ウェブサイトの中で、トップページ(ホームページ)以外の

 役割を持つウェブページのことを「サブページ」




と呼びます。

「ホームページ」「サブページ」というのは、

数あるウェブページの中でも役割によって

区別していることになります。



「ウチの会社にもホームページがあるんです」

は、正しくは

「ウチの会社にもウェブサイトがあります」

ということになります。



もちろん、日常の会話の中では厳密に区別する必要は

ありませんが、

自分(自社)のウェブサイトを立ち上げたり、構成を考えたり、

製作業者と打合せをする際には、

言葉の認識のズレによる混乱を避けるためにも、

これらの区別ができるようになるといいと思います。





スポンサーサイト



 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!