チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タダの情報にも価値がつく

経済学の中に「取引コスト」という考え方があります。

取引コストとは、

「経済取引を行うときに発生するコスト」のことを言います。



何も経済学の中だけで存在する特別で特殊な考え方ではなく、

日常の生活の中に「取引コスト」の考え方は存在します。



食品スーパーの店頭に、飲料の自動販売機が置かれているのを

よく見かけますね。

缶コーヒーが120円で売られています。

ところが、すぐ目の前の食品スーパーの中では、

同じ缶コーヒーが98円で売られています。

それでも、自動販売機の缶コーヒーは売れます。



食品スーパーで98円の缶コーヒーを買うためには、

以下の条件をクリアしなくてはいけません。



1)スーパーが24時間営業で無い限り、スーパーの開店時間に

合わせる必要がある。

2)スーパーの中で缶コーヒーを見つけるために、

 店内に入って探す必要がある。

3)レジに並んで、場合によっては待つ必要がある。



これらが面倒なので、120円の缶コーヒーを買う人がいるのです。

上記の1~3の手順、つまり「面倒なこと」は、

120-98=22円

の「取引コスト」を支払ってでも回避したい、

という要望があるわけですね。



バーゲンで激安の商品が売られていても、

交通費と時間を使って店に行き、殺到する人ごみをかき分けて

商品を入手することを考えると、気が萎える。

「取引コストを考えると、普段の店で買った方がマシだな」

ということになるわけです。

そうでなくては、バーゲン品以外のものは

売れなくなってしまいますからね。



さて。

ひとつ、不思議に思っている現象があります。

まだおおいに普及しているわけではありませんが、

一般の人がブログで記した内容が、

書籍になって販売されていますね。

著者は芸能人や著名人ではなく、一般の人だったりします。

結構売れていたりします。



これが芸能人であれば、書籍には写真集をつけるなどして

販売する、つまり

「ブログで存在しなかった(写真集という)新たな価値を

付加して販売する」

という方法もありますが、

一般人の著述では、写真集をつけてもあまり意味が無いように思います。



つまり、ネットをつかって見れば、タダで入手できる情報を

書籍で売っても売れる。という現象を、少々不思議に思うわけです。



ネットであれば自宅で見ることが可能です。

書籍であれば書店に赴くか(取引コスト発生)

ネットショップで対価を支払って買う必要があります。



モノ(情報)そのものがタダである上に、

ネットだと取引コストもかからないように思えますね。



にもかかわらず書籍が売れるということは、

ネットで読むより書籍で読むメリットがあるからだ。

と考えるほかありません。



1)ネットでの「検索」や、「リンクをたどる」のは面倒

2)PCの画面は、長時間見続けると目がしんどい

3)ケータイしか使っていないので、小さな画面で大量の文章を

 読むのがしんどい

4)持ち歩いて読みたい?(ケータイならば可能)

5)保存して、また読み返したい

 (ネットではいつ消えるかわからない)

6)書籍では広告などが入らず、余計な情報が排除されている

7)書籍では情報がまとまっている

 (散在してない)・・1)6)と同じ

8)そもそもネットなんて使わない(意外と多い)

9)ネット上の情報は信用できないが、書籍であれば信用できる

(必ずしもそうではありませんが、そう思っている人も多い)



・・・考えてみましたが、

こうゆうことなのでしょうか。



ある意味では「簡単、便利な」インターネット上の情報にも

「質の高い情報を探して、

散在している情報を自分でつなげる必要がある」

「(人によっては)ネットの使い方を覚える」

という取引コストが発生している、とも考えられます。



これをもう少し一般化させると、

たとえブログやネットを使ってタダで入手できる情報も、

「情報を取捨選択してわかりやすくまとめる」

ことで価値がつく。

ということなのでしょう。



もちろん「わかりやすくまとめる」ためにはコストがかかるので、

現価はゼロ、というわけではありませんが、

もともとタダだった情報が「まとめる」という加工で

新たな付加価値が作られるわけです。

これって、よく考えたらすごいことですよね。



スポンサーサイト

ケータイ水没

あっ!

ケータイを水の中に・・。



反射的に拾い上げ。

果たして「3秒ルール」はここでも有効なのか・・?

面白いことに、しばらくしてから気が動顛しはじめる。



ボタンを押してしまわないように気をつけながら、

タオルで丁寧に表面の水を拭き取り、乾かす。

どうやら画面は生きているようだ。



約1時間後。メールを送信/受信してみる。

どうやら大丈夫だ。ひと安心。



ところが・・・

約4時間後。電池残量が気になり、充電器へ接続。

ここらあたりから、ちょっとおかしくなる。

正常に充電されていないようだ。

おかしいな?と思っていじってみると、ボタンが効かない!

ボタンを押しても、反応しなくなっている。



焦ってメチャクチャにボタンを押していると、

どうやらたまーにボタンが効いているようで、

どなたかに電話をかけてしまったようだ。

いかん!と思って電話を切ろうと思うのだが、

「切る」ボタンが効かない。

もうパニックである。



相手の方が電話に出てしまわれた。

事情を説明し、謝る。

笑って対応してくださった。

(M氏、お忙しいところご迷惑をおかけしました)

とんだ赤っ恥だ。



これはもうアカン。

とおもってケータイショップへ。

こうゆうトラブルでは、経済的損失もさることながら、

「ケータイショップへ行く」というような

時間的損失のダメージもデカいね。



故障時の保証プランに入ってはいるものの、

「水濡れ」によるものは別らしい。

修理費はおおよそ8,000円かかるとのこと。



とほほ。



店員さんの話によると、

ケータイのボタンが効かないため、代替機にアドレス帳の

コピーができないらしい。

たまーにボタンが効くことはあるのだが・・。



アドレス帳がなくなるのは、とても困る。

店員さん、がんばる。

なんとかアドレス帳のコピーに成功した模様。

ありがとう、店員さん。



というわけで、ほんの一瞬の不注意のために

無駄な時間とお金とメンタルなパワーを浪費した、

というお話でした。

方針とか思想とか

どうしようかな~。

こっちにしようか、あっちにしようか。



こっちの場合は、こうゆう点がいい。

あっちの場合は、この点が優れている。



逡巡・・。



なぜ決められない。

それは方針が無いから。



迷ったら、こうゆう点を基準にして決める



という方針や思想がハッキリしていれば、

その基準に従って淡々と決めることができるんですね。



自動車の企画担当者になったつもりで考えてみます。



やっぱりハンドリングや動力性能は大事。

ファミリー層にも買って欲しいから、6人は乗れなきゃ。

やっぱりエコだよエコ。燃費も大事。

スタイル、スタイル。これを抜いて自動車は語れない。

今、景気が悪いから、安くないと売れないよね~。

乗り心地もはずせない。

広々室内も実現したい。

ゴージャスなインテリア。

女性にも乗って欲しいから、かわいらしく・・。



全てを実現しようとしたら、

とーっても中途半端な車ができあがってしまいます。

「設計思想」が大事なんですね。



決まらないのは、決めようとしているものの上の概念

「思想や方針」が決まっていないからなのかもしれません。



自分自身の方針にブレが無いか、再度チェックしてみようっと。



使えてナンボ

知識は無いより、あったほうがいい。

たとえ

「それを知ってて何の役に立つの?」

と言われそうな雑学であっても、

知っていて損をすることは、まずない。



逆に今の時代「知らないと損をする」ことが多い。

たとえば税金は、足りない場合にはキッチリ請求されるが、

多く払い過ぎた時は、何も報せてくれない。

つまり、税金に関する知識を持っていないと、

損をする仕組みになっている。

(ちなみにワシは税金に関する知識はほとんど無いけどね^^;)



詐欺事件などでも

「そのような話はあり得ない」ということを

直感で気づくのではなく知識として知っていれば

多くの被害が防げるように思う。

ここでも「知らなかったので損をした」という人が

多く存在するように思える。



では、知っていれば、それでいいのか。

否。

使えてこそはじめて知識は役に立つ。

当たり前。



でも、知っていれば使えるかというと、

どうもそうゆうことではないらしい。



知識を道具に例えると、

道具を持っているということと、

その使い方を知っているか(使えるかどうか)は、別の問題


ということ。



たとえば車を持っていても、

運転のしかたを知らなければ意味が無い。

「車というものは、人が運転して移動するための道具だ」

「内燃機関であるエンジンに気化された燃料が送り込まれ・・」

という知識を持っていても、

実際に運転する技術(この場合は免許)を持っていなくては、

単なる「雑学」になってしまう。



エンジンがどうして動くのかなんて知らなくても、

運転のしかたさえ知っていれば、車を使って自由に移動できる。



自分が運転できなければ人に乗っけてもらう、

という方法もあるが、自由度は劣る。



先の詐欺事件の話でも、

「出資法」についての知識を持っていて、

「そんな話はありえない」と気づく条件が揃っていても

自分が当事者になったときにパニックに陥ると、

被害者になってしまう可能性が高い。

つまり

「役に立つ知識を持っていたのにイザという時使えなかった」

ということになってしまう。



知識は使えてナンボ。

知っていて損は無いが、使えなくては。



オンデマンド

名刺を作り変えようと思い、レイアウトなどを考えてみた。



さーて、どこかに印刷を頼まなきゃ。

と思うとほぼ同時に、無意識のうちにGoogleで

「名刺 データ入稿」で検索していた。



検索結果として名刺屋さんが、出るわ、出るわ・・・。

どこにしようか、迷ってしまう。



今や印刷もオンデマンド。

いわば「要求があり次第、印刷してお届け」という時代なのだ。



この、

要求があり次第、商品やサービスを届ける

というものをオンデマンドといいます。




もちろん、万を超えるような部数の印刷物では、

後で取り返しのつかない状態を避けるため、

今も専門的で慎重な検討がされます。



一方で、名刺や個人のお店などが刷る小部数のチラシなどは

オンデマンド化が進んでいます。

インターネット時代になる前から「スピード印刷」の看板を

見かけた記憶がありますから、

特に名刺などはオンデマンドに対するニーズが昔から

あったのでしょうね。



とはいえ、名刺などは今から20年くらい前まではまだ活版印刷の時代。

これぞ職人技、というものでした。

今も、当時の風合いを好む人のために活版印刷を営んでいる

業者もあります。

これもひとつの方向でしょうな。



今は、印刷用データをメールで送ると名刺が宅配便で届く。

専門ソフトが使える人は

自分でオリジナルのデザインをしてもいいし、

そうでなくても多くのテンプレートから選んでもいい。

このあたりは、ブログデザインに似ていますね。



「完全オーダー」だったのものを、

テンプレートのようにパターン化して、

オンデマンド(要求があり次第)で対応する



というのは、通信/情報化時代が作り出した

ひとつの流れですね。



ビデオオンデマンドや、

デジカメのデータを送るとプリントして送ってくれる

サービスなども、ブロードバンドが実現した

新しいサービスですね。



特にハイテク装備しなくても、インターネットを通じて

完全オーダーだったものや、

大量生産だったものをオンデマンド化するサービスは

まだまだたくさん出てくるような気がします。



ブログ+ウェブサイト+メルマガ

ワシの周りで、ご自身の仕事に関するメールマガジンを

発行する人が増えています。



どのようなメールマガジンを発行していらっしゃるのか、

やっぱり気になりますね。



考えてみると、自分自身がメルマガをあまり読まない方なので、

自分が発行することにも消極的だったような気がします。



あと、仕事のウェブサイトとブログを開設している上に

メルマガを発行するとなると、

運営が煩雑になる上に

「コンテンツをどう切り分けようか」

と考えてしまいます。



これは、ウェブサイトとブログだけでも同じですね。



考えてみると、ブログは元々

「日記風」であることが特徴ですから、

本来はあまりテーマを絞り込んだりせず、

ガンガン追加していけばいいと思います。



仕事のウェブサイトがあるとしたら、

そちらが「表の顔」なわけで、ブログが「素顔」という

印象ですから、

サクラが咲いたとか、近所の犬がどーしたとか、

そうゆう話題でもどんどん書き込んじゃっていいと思います。



もちろん、そのブログの中には仕事に関する「役立つ情報」も

含まれていると思います。



ブログは「日記風」、すなわち「時系列情報」であり、

「どんどん追加される」ものですから、

古くなった情報はあまり人に読まれなくなってしまいます。

せっかく「読者にとって役立つ情報」が含まれているのに、

もったいないですよね。



ブログの中に「仕事関連で役立つ情報」があれば、

古くなったブログの内容を棚卸して、

内容を取捨選択し、「本業のウェブサイト」に転記するのも

いいと思います。



仕事関連のブログ記事だけを選んで転記することで

「選りすぐりの、ずっと残しておく役立ち情報」、

いわば「「ノウハウ集」として、

本業サイトのコンテンツとなっていくわけです。



この「ノウハウ集」も時間と共に情報が増えていきますが、

ブログとは異なり、時系列情報ではないため、

「古くなって読まれなくなる」可能性は

ブログに比べて低くなります。

ブログ記事のリサイクルですね。



そして、

メルマガは本業ウェブサイトのコンテンツが増えたタイミングで

そのお知らせとしてヘッドラインのみを流す。

そうすれば、ダラダラと長いメルマガを配信して、

読まれることがなくなってしまう、

という状態を避けることができます。



どうでしょう。

この本業ウェブサイト+ブログ+メルマガの連携案。

自分のサイトでも試してみよう。



もちろん、他にもそれぞれの特徴を活かした活用法が

あると思います。

「こうゆう活用法もあるぞー」というご意見や事例がありましたら

ぜひ教えてください。



Googleを使ったサイト内検索

会社のウェブサイトなどで「検索窓」が設置されているのを、

ときおり見かけませんか。

(例:ニコンエステー明治製菓



それぞれのページ上部をご覧下さい。

ページ上部に「検索窓」があり、

「サイト内検索」ができるようになっていますね。



確かに、サイト内のページ数が増えると、

訪問者は自分の欲しい情報を探すのが大変になりますので、

検索窓の設置は訪問者へのサービスとしてとても有効です。



逆に、大手企業のサイトでこの「サイト内検索」機能が無いと、

「なんだよぉ~」と不満を漏らしたくなるくらいです。



中小企業のウェブサイト(ホームページ)でも、

ページ数が増えてきたら

「サイト内検索」の機能が欲しくなりますね。



しかし、この「サイト内検索」機能の設置は、

一般の方にとって、さほど容易ではありません。

ホームページ制作業者などに「サイト内検索の機能」追加の

見積りを依頼すると、

びっくりするような価格が提示されるかもしれません。



ところが、

もっと簡単に「サイト内検索」をできる方法があります。

GoogleやYahooが提供しているサービスを使うのです。



↓このページでは「basaranet.com」内のサイト内検索ができます



Googleの機能を使った「サイト内検索」

Yahooの機能を使った「サイト内検索」



検索結果に広告が表示されたり、Googleのロゴが表示されたりと、

どうしても無料サービスならではの不満もあるかもしれませんが、

「サイト内検索」という機能が自分のサイトに

つけられるんですから、

じゅうぶん過ぎるくらいですよね。



これら有名検索サイトを使った「サイト内検索」は、

けっこう大きな会社のウェブサイトでも活用されています。



Yahooのサイト内検索の使用例(ファーストサーバ株式会社)

(ページ上部の「サイト内検索」をご覧下さい)



これらを使えば、

自社のウェブサイトに「サイト内検索機能」が

つけられるだけではなく、

ブログに「ブログ内検索」機能を追加することができます。

(ブログ独自の検索機能がついている場合はそちらを利用した方がラクです)



簡単に「サイト内検索機能」や「ブログ内検索機能」が

つけられるとは言え、もちろん

「ホームページ制作者にとって、簡単」ということであり、

これらを設置する為には、多少なりとも

ホームページ制作に関する知識が必要です。



しかし、同じ「サイト内検索機能」をつけるにしても、

このような簡単な方法がある、ということを

知っておくだけでも、

「知らないがために多くのお金をかける」

必要がなくなります。



ホームページの制作発注者として

中小企業の方々が知っておくべき「インターネットの知識」

って、こうゆうことなんじゃないのかな、

と思います。



 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。