チカゴロのワシ

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットビジネスは早いもん勝ち

中小企業が商売をする場合、あるアイデアがうまく行くと、すぐに真似をする企業が現れます。

最初にアイデアを出した人は不愉快でしょうが、特許法や商標法に触れない限り、マネは合法で、法律の上では悪いことではないですからね。



(もっと穏やかに「追随」と言ったほうがいいでしょうかね)



追随する企業が現れると、ヒト、モノ、カネの経営資源が豊富な大企業が有利になります。



釣りに例えると、中小企業が、いいポイントを見つけて、釣竿一本(少ない経営資源)でコツコツ魚を釣っていると、

「お、こんなところにオイシイ漁場があるぞ」

てなカンジで、大企業がズカズカやってきて、いきなり底引き網(豊富な経営資源)でゴッソリ魚を盗って行っちゃうわけですね。



そこで、中小企業は、ノウハウを秘密にして参入障壁を高くしたり、大企業がうまみを感じないほどの小さな釣りポイントに移動したりして、戦いを避けたりするわけです。



ところが、全てとは言いませんが、ITビジネス(というか人のネットワークをベースとしたビジネス)では、その理屈が通用しないことがあります。



たとえば、日本で大手企業が新たに携帯電話会社を作ったとしましょう。

基地局などの設備や、端末の機種、通話料金など、既存企業とほぼ同等のものを揃えたとしても、顧客を獲得するのは至難の技です。

なぜか。



お客さんは、誰も利用者がいない新しい携帯会社に移っても、ウマミが無いからです。ソフトバンク同士であれば無料で通話できますし、Docomoやauでも、同様のサービスがあります。

つまり「他の人も使っているから」そこの携帯電話会社を使うのであって、一人だけが別の携帯電話会社と契約することは、あまりメリットがありません。



使う人が増えれば増えるほど、一人の利用者にとって便利さが増すことを「ネットワーク外部性」と言います。







ネットビジネスでは、この効果が表れやすいのです。たとえば、インターネット書店ではAmazon、ポータルではYahoo、検索はGoogle、つぶやくならTwitter、というように、



使う人が増える

(最初は一社しかないので、そこのサービスを使わざるを得ない)



使っている人が多いから、そのサービスを使う



さらに使う人が増える



という繰り返しが起きるわけです。そうなると、Twitterと同様の仕組みを今から作り始めても、なかなかうまくいきません。

(「アメーバなう」は、今後どうなるでしょう)



携帯電話であれば、ソフトバンクは利用者を振り向かせる為に大胆な料金プランを用意し、「家族ごと」「友達同士でまるごと」乗換えを促進することで、健闘しました。



ブログサービスは、そのサービスを使っていることによるネットワーク外部性の効果が低かったため、アメーバは「ぺた」や「読者になる」などの独自のサービスを増やし、スイッチングコストを高めています。



こうすることで、ある程度、ネットワーク外部性に立ち向かうことはできるでしょうが、今さらAmazonの向うを張ろう、という企業は、きっと現れないでしょうね。



ITビジネスの世界では、後からやってくる大企業に対して「すでに利用者がたくさんいる」ということで有利になることができるため、ITベンチャーが今もたくさん生まれてくるのだと思います。





スポンサーサイト

自分押し

巷には「地元に知られた、有名な中小企業」というものが存在しますが、その多くは会社というよりも、社長が有名だったりします。



私の地元、名古屋であれば「美宝堂」や「堀田商事」、「よし川」なんかが思い浮かびます。

たぶん、日本各地に、地元の有名社長がいるんじゃないでしょうか。



美宝堂http://www.bihodo.co.jp/

堀田商事http://www.horita78.co.jp/

よし川http://www.yoshikawa-sachie.co.jp/



中には、極端に大量のアクセサリーを身につけたり、わざと目立つ格好をしたりして、意図的に有名人化しようと試みるフシがありますね。



ある意味ではこれらは中小企業です。

中小企業といえども、同じ市場で、大手と戦わなくてはいけません。企業が戦う際の武器は経営資源です。



経営資源とは、一般的に

人、モノ、カネ、情報と言われます(ノウハウを足す場合も)



中小企業の場合、これらの全てが大手に適わない場合が多いと思います。極端な話、会社に自分しかいなかったら、どうでしょう。



「大手には存在しない、自社独自のもの・・」



それって、究極的には「自分自身」しか、無いのではないでしょうか。



>>続きを読む





アイデアのマッシュアップ

第二回ITビジネス実践塾。

今回は、木下さん、神田さん、中根さんが初参戦。





毎回、濃い議論ですね。

今回はこの中で「マッシュアップ」という言葉が出てきました。



マッシュアップとは「マッシュポテト」のように「混ぜ合わせて、こねあげる」というような意味です。



IT、特にウェブの世界では、いろんな既存の技術(ウェブサービス)を「混ぜ合わせて」新しいコンテンツを作成することを言います。

参考:http://bit.ly/F4vHq



でも、今回は「アイデアのマッシュアップ」です。いろんな人が、いろんな視点から、いろんなアイデアを出し合うことで、アイデアが「マッシュアップ」される。

つまり「アイデアを混ぜこぜにして、練り上げる」んじゃないかと思います。



現時点では、まだ「原材料を探している」ような状態ですが、じきにおいしい「マッシュポテト」が出来上がりますよ。



いやーすばらしいいいい。

次回が楽しみだ。







たったそれだけのこと

昨日の「IT実践塾」で出た話題の中に

モンシュシュの「堂島ロール」の話がありました。

http://www.mon-chouchou.com/



存在くらいは知っていたけど、さほど詳しくはなかったため、

みんなの意見を興味深く聞いていました。



思ったのは、

たったそれだけのこと



たぶん、洋菓子を作る技術があれば、誰にでも作れるものでしょう。アイデアとしても、たぶんプロの目から見たら、どうってこと無いものでしょうね。

「画期的」とか「革新性」とか「既成概念を打ち破る」なんていうキーワードからは、いくぶんか遠いイメージ。



同じようなものを、違うケーキ屋さんが作ろうとしたら、1週間くらいで商品化できるんじゃないでしょうか。実際、すでに競合商品や類似品が出回っていることでしょうね。



ありきたりのキーワードですがコロンブスの卵です。

もちろん、

堂島ロールより前にあのロールケーキを作りさえすれば、

誰でも売れた

という事でも無いでしょう。

モンシュシュ自身も、商品化までに苦労があったのかもしれません。



>>続きを読む





弁当

最近、近所の弁当屋さんの「ベントマン」が潰れた。



「ベントマン」は、愛知を中心とした弁当店フランチャイズ。

http://www.bentoman.co.jp/



近所にあったベントマンには、よくお世話になっただけに、寂しいと同時に、すごく不便になった。



ちかごろ、このベントマンの店舗が潰れた跡を、よく見かけるのだが、潰れたベントマンの店舗の近くには、大抵、真新しい「ほっともっと」の店舗があるわけだ。



ほっともっと

http://www.hottomotto.com/

東証一部上場で、

資本金3,461百万円。

総資産71,346百万円。



対してベントマン

資本金151百万円。



なんだかエゲツナイが、要はほっともっとは、ベントマンを狙い撃ちしてるわけですな。

ベントマンよりもオトクな弁当や豊富なメニューで売り出し、ベントマンが潰れたら、値段やメニューを見直す。

えげつな~。



うちの近所のベントマンが潰れたので、仕方なくほっともっとで弁当を買っているのだが、カツ丼なんかは、値段は少々高かった(それでも数十円の差)ものの、明らかにベントマンのほうが、ボリューム、味、ともによかった。



帰ってきてくれ、ベントマン。

経営が傾いているようなら、応援するぞ。

明らかに、ここにファンが一人、存在するぞ。



賢い人の秘密

まずは何をもってして「賢い」というのか、という定義が大変ですが・・ここでは単純に学力とか教養、一般常識があること、としておきましょう。



最近は、気の遠くなるようなバカさ加減を曝け出して恥とも思わない「オバカタレント」が台頭する一方で、クイズ番組では「知識人」「教養人」「インテリ芸能人」がもてはやされていますな。



(余談ですが、ワシャ100歩譲っても品川祐を教養人とは認めたくありません。)



自分の知り合いも含めて、一流大学出身者の話や書籍の中で共通するのが

「勉強が楽しかった」

という意見です。



もしくは勉強そのものは楽しくないけど、受験勉強をゲームと捉え、攻略法を探ることに楽しみや快感を覚える。



まぁこれこそが勉強の極意でしょうな。

楽しくなれば、上達しないわけが無い。



残念ながら自分は学生時代、勉強を楽しいと思うことが少なかったので、大した大学にも行かなかったけど、今は勉強を楽しいと思う。



ところが、攻略法は、未だにわからない。



それとも攻略法を探り出す課程にノウハウがあるのであって、最終的に攻略法があるのか無いのかは、さほど重要ではないのかもしれない。



今、中学校などの教職に就いている人には、ぜひ勉強そのものよりも勉強の楽しさを、子供たちに教えていただきたい。

ネットはバーチャルじゃない

ネットショップ(インターネットショップ)を「バーチャル店舗」だとか、インターネット上のモールを「バーチャルモール」などと呼んだりしますよね。



インターネット上でのコミュニケーションを「バーチャル」であるかのように報道するTV番組を、私は最近また目にしました。



バーチャル(仮想)とは、

そうゆう生き方もあるのね

以前、TVで放映されたということを聞いた。

ネットニートの"hpa"氏のブログ。

京都大学を出ながら、自ら働こうとせず、ニートをしているらしい。

http://d.hatena.ne.jp/pha/

TVで取り上げられたときの映像も、ここにある。



しかし、自分が運営するブログなどの広告費で、月10万円の収入があるらしい。

また、サスガに京都大出身なだけあって、ブログパーツなどのプログラミングもでき、自分でコツコツと作っているらしい。

これって「働いていない」と言えるのだろうか?



自分がやりたいことで、十分な収入を得られていないだけなのではないの?(そうゆう意味では自分によく似ているかも)



ニートのように何もやる気が起きないのでなくて、

やりたいことはやっているし、

やったことで少ないといえども収入を得ている。



問題点を指摘するとしたら

「やりたいことのためには、やりたくないこともやる」

という姿勢が欠けている点だろうか。

(そうゆう姿勢は、自分にはあるつもりだ)



だとすればこれはニートではなくて、フリーターに近い。

ブログを見ると「働けこのクズ」などの、

誹謗中傷コメントがたくさんついている。

番組も彼に対して批判的な態度で、

批判的世論を形成しようとする操作的な意図が読み取れる。

こうゆう報道側の意図が読み取れないと、いとも簡単にマスコミに感情や思考を操作されてしまう。

いわゆるメディアリテラシーってのが必要だ。



こうゆう人を一方的に攻撃する社会っていうのも、

なんだかなぁ~と思えてしまう。



================

下手をすると

「あんな奴を擁護するなんて、お前もクズだ」

などと、このブログも炎上しかねない。



逡巡のタイムラグ

「たぶん、これ以上考えても結論は変わらないと思うが、

踏み切れない」



そんなタイミングがある。

その間に発生するタイムラグがネックだ。



踏み切れずに逡巡するのがほんの数日であっても、

そういったことが何度もあったら、即断即決できる人に比べて、

大きく差が開いてしまう。



何だろう、この弱腰の原因は。



勉強できるのは、ありがたい

この歳になっても勉強できるってのは、

考えてみればみればありがたいものです。



成人の日ってんで、自分の新成人の頃を思い出してみてみると、

あの頃は勉強しなかったもんなぁ。

大学生だったにもかかわらず。



今の大学生はともかく、当時の大学生は、勉強しないのが当たり前だったのかな。

ただ単に、周りに影響されるだけの存在だったんじゃないかと思う。

「自分らしく」を追及しすぎるが故に、かえって自分らしさを見失い、人に迎合するだけだったのかもしれない。



周りが遊んでいるから「遊んでもいいんだ」という気になってしまったんじゃないか。周りが勉強していたら、自分も勉強していたかもしれない。



これは周囲のせいにしているのではなく、周囲に影響されてばかりいた自分のせいだ。



今になって自分の過去を振り返っているからと言って、

過去の自分の本当の姿がわかるものでもない。

「~だったのかもしれない」と思うことができるだけだ。



もちろん、自分が知らなかっただけで、

当時、猛勉強してる大学生もたくさんいたと思う。

大学生の時に勉強した彼らと、勉強しなかった自分との差は、

今になって開いているんじゃないかと思う。



だから、自分は今になって勉強してるのだ。



自分の場合、勉強そのもののありがたさとか、

勉強することの楽しみ、というものは、

今になってようやくわかった。

このことが、もっと若い頃にわかっていたらなぁ。

と思う。



でも、勉強のことだけにかかわらず、

そうゆう大事なことがわからない、っていうのも、

「若い」ということの証なのかもしれない。



ガリガリ勉強することが、必要なときもあるんだなぁ。

だからって、それはないでしょう

上場企業である、インターネット系のE社の担当者と電話でお話をしていた時のこと。

ワシはE社の製品の代理店をしていて、E社からワシに振込みがあるらしいのだが、銀行口座を申請していなかった。



E社担当者「振込みがございますので、銀行名と口座番号を教えてください」

ワシ「どの銀行でもOKですか」

E社担当者「どの銀行でもOKです」

ワシ「XX銀行です」

E社担当者「あ、すみませんXX銀行はダメなんです」

ワシ「さっき、どの銀行でもOKだって・・。」

E社担当者「当社はM社系列、XX銀行は、R社系列でして、競合しているんです」(なぜか誇らしげ)

ワシ(唖然・・)



さも、当然であるかのように言っているところが、ハラ立つ。

ソフトバンクが、

「当社の競合なので、Docomoとは通話できません」

って言っているようなものだ。



自社の感情論なんかより、顧客の利便性を優先させてほしいものだ。

これをきっかけに、ワシのE社を見る目が変わり、E社に協力しようとする気が、若干削げた。



年の初めとWin-Win-Win

あけましておめでとうございます。



今年最初の話題は「年の初めとWin-Win-Win(うぃん、うぃん、うぃん)」です。

なんだかリズム感がいいですね。





Win-Winという言葉は、ビジネスをしている方なら、一度は聞いたことがある言葉だと思います。



Win-Winとは、取引などにおいて、関係する両者ともにメリットのある状態であることを差します。



要は「自分だけ得をしようと思っても、うまく行かないよ」ということですね。



去年の年末、MORE先生とお話していた際、「Win-Win」の話題が出てきました。

その際、先生は

「Win-Winでは、Winがひとつ足りない。Win-Win-Winでなくては」

とおっしゃったのです。



その言葉で、私はすぐにピンと来ました。

さらに先生は

「Win-Winの考え方が、今の日本の世の中を悪くしている」

というような意味のこともおっしゃいました。



なるほど。

その言葉を聞いて真っ先に私の頭に浮かんだのは

「三方よし」という言葉でした。



>>続きを読む









 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。