FC2ブログ

チカゴロのワシ

未定

そうゆう生き方もあるのね

以前、TVで放映されたということを聞いた。

ネットニートの"hpa"氏のブログ。

京都大学を出ながら、自ら働こうとせず、ニートをしているらしい。

http://d.hatena.ne.jp/pha/

TVで取り上げられたときの映像も、ここにある。



しかし、自分が運営するブログなどの広告費で、月10万円の収入があるらしい。

また、サスガに京都大出身なだけあって、ブログパーツなどのプログラミングもでき、自分でコツコツと作っているらしい。

これって「働いていない」と言えるのだろうか?



自分がやりたいことで、十分な収入を得られていないだけなのではないの?(そうゆう意味では自分によく似ているかも)



ニートのように何もやる気が起きないのでなくて、

やりたいことはやっているし、

やったことで少ないといえども収入を得ている。



問題点を指摘するとしたら

「やりたいことのためには、やりたくないこともやる」

という姿勢が欠けている点だろうか。

(そうゆう姿勢は、自分にはあるつもりだ)



だとすればこれはニートではなくて、フリーターに近い。

ブログを見ると「働けこのクズ」などの、

誹謗中傷コメントがたくさんついている。

番組も彼に対して批判的な態度で、

批判的世論を形成しようとする操作的な意図が読み取れる。

こうゆう報道側の意図が読み取れないと、いとも簡単にマスコミに感情や思考を操作されてしまう。

いわゆるメディアリテラシーってのが必要だ。



こうゆう人を一方的に攻撃する社会っていうのも、

なんだかなぁ~と思えてしまう。



================

下手をすると

「あんな奴を擁護するなんて、お前もクズだ」

などと、このブログも炎上しかねない。



スポンサーサイト



逡巡のタイムラグ

「たぶん、これ以上考えても結論は変わらないと思うが、

踏み切れない」



そんなタイミングがある。

その間に発生するタイムラグがネックだ。



踏み切れずに逡巡するのがほんの数日であっても、

そういったことが何度もあったら、即断即決できる人に比べて、

大きく差が開いてしまう。



何だろう、この弱腰の原因は。



 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koji2009

koji2009

FC2ブログへようこそ!